2018年08月27日

安威川ダム周辺整備計画「渓流ふれあいゾーン」



安威川ダムの完成に向けて、大阪府、茨木市、ファンづくり会、地元の方々が一体となって、ダム周辺整備計画を推進しています。ダム完成予定地の上流域にあたる車作・竜仙峡一帯を「渓流ふれあいゾーン」と位置づけ、具体的なグランドデザインに着手しています。8月21日には、立命館大学理工学部 教授 武田史郎さんと学生の深井麻里奈さん、岡田潤さん、河上友信空間設計事務所 河上友信さん、木工家 賀来泰史さんが現地視察を行いました。
奥深い森と渓流が織りなす幻想的な空間・・・。「TALKS!AIGAWA~自然と話そう 人と話そう」をコンセプトとするファンづくり会では、この恵まれた大自然の環境をしっかりと守り継ぎ、みなさんに永く愛される「ふれあいの場」を創出するために、さまざまな人々が参画・協働できる体制づくりをはじめ、運営管理のしくみ、ランドスケープデザインを提案していきたいと考えています。これからも他の該当エリアを含め、ダム周辺整備計画の進捗について随時レポートしていきます!!

02_S1_1031_567

03_S1_1108_567

04_S1_1143_567