2016年03月18日

第3回「文化教室」

12795271_1337747356251055_8315109159364715696_n

2月27日に安威川ダムJV工事事務所主催の「文化教室」が、茨木市北部の大門寺の高台にある安威川ダム資料館で行われました。第3回目となる今回は、森林総合研究所 環境計画研究室長の香川隆英さんをお迎えして、予防医学として注目を集める「森林浴が生み出す健康効果」と「森林セラピー基地による魅力ある地域づくり」について講義していただきました。

一般的に山や森、湖に行くと気分が晴々したり、落ち着くという感想を聞きますが、なぜそうなるのか、人の身体にどのような良い影響があるのか、科学的根拠とその活用法についてお話を聞くことができました。

また、森林セラピーの科学的検証は日本が最も進んでおり、現在、全国に森林セラピー基地が60箇所もあるそうです。森林セラピー基地とは、リラックス効果が森林医学の面から専門家に実証され、関連施設などの自然・社会条件が一定の水準で整備されている地域のことを指すそうなのですが、安威川周辺の森や棚田といった里山の美しい景色と環境に、森林セラピーによる地域づくりの可能性を感じました。

1936191_1337747426251048_973755867947797084_n

10314025_1337747486251042_4829552638347752034_n