2014年03月10日

第5回「安威川ダム周辺整備計画ワークショップ」

20140310ws05-1

平成26年3月10日(水)安威川ダム建設事務所にて第5回目の地元ワークショップが開催されました。地元6地区(車作・大岩・生保・大門寺・桑原・安威)、山3地区(清渓・見山・石河)、安威川上流漁業協同組合、茨木市観光協会、環境ボランティアの方々が参加されました。

第5回目のワークショップでは、第4回で話し合われた安威川ダム周辺環境の将来像のまとめをもとに、将来像に向けて、地元住民ができる活動内容やどんな人たちに関わって欲しいかといった、活動に関するステークホルダーの抽出を行いました。

20140310ws05-2

A班、B班、C班の3つのテーブルにわかれて、前回の振り返りが行われました。再度、安威川ダム周辺の魅力と将来像を認識した後、本日のテーマである「自分で魅力を活かすためにできること」「どんな人と安威川を守り作りたいか」について各自に発表してもらいました。カテゴライズされた安威川周辺の将来像の各テーマに沿ってやるべきことを明確化し、課題点をもとに「地元でできること」「来てほしい人(お客・ステークホルダー)」が書き出され、それによる効果をまとめていきました。

20140310ws05-3

安威川周辺の将来像とそのために地元ができること・ステークホルダーの抽出を図解した表は以下をご参照ください。

<安威川周辺の将来像とそのために地元ができること
ステークホルダー抽出表(ファイル01)>
jimoto-ws05-6

<安威川周辺の将来像とそのために地元ができること
ステークホルダー抽出表(ファイル02)>
jimoto-ws05-5

<安威川周辺の将来像とそのために地元ができること
ステークホルダー抽出表(ファイル03)>
jimoto-ws05-7

<安威川周辺の将来像とそのために地元ができること
ステークホルダー抽出表(ファイル04)>
jimoto-ws05-8

 

平成25年7月にはじまり平成26年3月という長期の期間のワークショップを通して見えてきた安威川地域の将来像は、「地域力を活用した住環境の向上」「自然を活用できる地域」「観光で盛り上がる地域」といった3つの方向性にまとめられました。

○地域力を活用した住環境の向上
・地域のために活動できる環境の整備が必要
・アクセスしやすい環境に
・地産地消できるような食の提供方法を考えていく

○自然を活用できる地域
・自然の活用方法を考え、教えることができる人材が必要
・地域外の人との交流のきっかけになる

○観光で盛り上がる地域
・地元への興味・関心を持ってもらうことで、訪れたくなる地域に
・外部地域の人たちを受け入れる
・活動主体として地域の魅力を発信できる若い世代との交流・意見交換

以上のことから、このワークショップで取りまとめられた地域として目指したい将来像に向けて、地域の人々、地域を訪れる人々が楽しむために、地域の魅力をどのように活用するべきなのかを多くの方々と共有することが今後の課題になりました。
 


 

地元ワークショップ INDEX

安威川ダム周辺整備計画ワークショップについて >>

平成25年度「地元ワークショップ」

第1回、第2回地元ワークショップ >>
第3回地元ワークショップ >>
第4回地元ワークショップ >>
第5回地元ワークショップ >>