2021年12月05日

ダム周辺の未来を考える 「竜仙峡・アウトドアクッキング」



ダム建設予定地の上流部に、清らかな渓流と深い木々に包まれた「竜仙峡」というエリアがあります。安威川ダムファンづくり会では、この恵まれた自然環境を、ダムの完成後においても守り継いでいき、次世代の地域資源として利活用していくことができるよう、多分野の人たちや地元の方々が、さまざまな角度から検証と実践を続けています。「竜仙峡・アウトドアクッキング」は、北部地域で収穫されたお米や野菜をダッチオーブンでつくる料理、安威川上流漁業協同組合に提供していただくアマゴの塩焼きを美味しくいただきながら、みんなで地域の未来を考える機会づくりを行っています。

2021年12月4日に行われた「竜仙峡・アウトドアクッキング」のメニューは、茨木産のお米と野菜を使った「出汁カレー」と「アマゴの塩焼き」です。