2020年12月05日

安威川ダム周辺の将来について考える「竜仙峡アウトドアクッキング」



安威川ダム建設地の上流部、美しい山々と渓流が織りなす絶景のロケーションに包まれた「竜仙峡」は、かつて「竜仙閣」という旅館もあり、釣り人や川遊びなどを楽しむ「親水空間」として賑わった場所。安威川ダムファンづくり会では、周辺整備事業にともない、安威川流域の利活用、環境保全や、維持管理について考え、活動に取り組んでいくメンバーが一同に集まって、令和2年12月5日に「竜仙峡 アウトドアクッキング」を行いました。地元で採れた食材でつくるメニューは、盛りだくさんの野菜が入ったお味噌汁と人参を混ぜた夕焼けごはんのおにぎり、アマゴの塩焼き。大自然に囲まれた幻想的な空間で、とっても美味しい料理をいただきながら、この恵まれた豊かな環境を、どのように守り継いでいくかを真摯に見つめ直す一日となりました。








お米と野菜は、自然食カフェ BONO cafe 樋口智香さんの声掛けによって、北部地域の農家さんから提供していただきました。アウトドアクッキングに欠かせない鉄鍋調理は、ダッチオーブンのスペシャリスト・藤野未知数さん。アマゴの塩焼きは、安威川上流漁業協同組合のみなさんのご協力によるもの。料理の監修は、子育ち食育実行委員会入交享子さん。



2020年08月01日

安威川ダムファンづくり会「間伐材による森林保全プロジェクト」から 生み出された「山のベンチ」。

yamano_bench

安威川ダムファンづくり会では、茨木市北部地域の課題解決に向けて、森林ボランティアの方々、木工家、クリエイターたちで編成する「間伐材による森林保全プロジェクト」を推進しています。間伐ヒノキを使ってプロダクトアウトされた「山のベンチ」は、ダムの建設現場を一望することができる「安威川ダム展望広場」に設置しました。今後は、さらに脚数を増やし、ダム周辺の様々なエリアに展開していく予定です。安威川ダム建設と周辺整備事業とともに、美しく豊かな里山を守り継ぎ、北部地域における持続可能な自然環境について考察する機会づくりを目指しています。



yamano_bench

yamano_bench


2019年12月14日

ダム周辺整備の将来について考える「竜仙峡アウトドアクッキング」。



安威川ダム建設予定地の上流部、美しい山々と渓流が織りなす絶景のロケーションに包まれた「竜仙峡」は、かつて「竜仙閣」という旅館もあり、釣り人や川遊びなどを楽しむ「親水空間」として賑わった場所。安威川ダムファンづくり会では、周辺整備事業にともない、安威川流域の利活用、環境保全や、維持管理について考え、活動に取り組んでいくメンバーが一同に集まって、「竜仙峡 アウトドアクッキング」を行いました。地元で採れた食材でつくるメニューは、人参を混ぜた夕焼けごはんのおにぎり、盛りだくさんの野菜が入ったお味噌汁、ニジマスの塩焼き。大自然に囲まれた幻想的な空間で、とっても美味しい料理をいただきながら、この恵まれた豊かな環境を、どのように守り継いでいくかを真摯に見つめ直す一日でした。



2019年12月10日

安威川ダム建設のガイドラインや進捗状況などを伝える情報発信ツールを制作しました。

ダムの建設現場が一望できる大門寺北側高台ゾーン(展望広場)にインフォメーションボードを設営しました。また、市街にある安威川ダム情報交流センターでは、パネル展示の充実を図るなど、皆さんにダム工事の経緯やガイドライン、進捗状況などを、より詳細にわかりやすく情報発信を行っていきます。


大門寺北側高台ゾーン(展望広場)にインフォメーションボードを設営



安威川ダム情報交流センターのパネル展示をリニューアル


2019年11月20日

茨木の特産品づくりをスタートアップ、茨木産の玉子と蜂蜜を使った「山のカステラ」。



安威川ダムファンづくり会では、地産地消の推進を目的とした、茨木の新しい特産品づくりに取り組んでいます。「山のカステラ」は、大阪府立茨木高校の生徒たちに伝わる「茨高カステラ」をお手本に、茨木産の玉子と蜂蜜を使ってつくりました。完成品のお披露目として、安威川フェスティバル 2019 にて実売。たいへん好評をいただき、用意した品は完売となりました。今後は、みなさんの意見やアイデアを集約していきながら、さらに改良を加え、販売の場を拡大し、特産品としての定着を目指していきます。


2019年11月10日

サイクリングロードマップ「 GO CYCLING TO AIGAWA 03 」を発行しました。



茨木を自転車で楽しむための、さまざまなコースや情報を盛り込んだ、サイクリングロードマップ「 GO CYCLING TO AIGAWA 」。各コースでは、歴史や文化、豊かな自然や里山の景観、美味しい食事に出会えるスポットなどを紹介し、サイクリングによる茨木の魅力発信につなげていきます。

2015年の発行以来、好評をいただいているロードマップですが、道路事情によるコース変更、スポット情報のマイナーチェンジを行っています。この度の発行の03号は、2019年10月更新版となります。



2019年10月19日

安威川周辺の生態系を保全するために、「特定外来生物」についての知見を深めていきたい。



茨木市には、天然記念物や希少な生き物たちが多様に棲息していますが、近年、その存在を脅かす外来生物が生息域を拡大し、深刻な環境問題を引き起こしています。安威川ダムファンづくり会では「安威川周辺の環境を考える講座」を開催し、ダム建設地周辺に生息する「特定外来生物」の知識を深め、それらがもたらす影響や対策について、専門分野の方々に講義をしていただきました。環境カウンセラー・池田哲哉さんからは、安威川周辺の生物多様性と特定外来生物の関係について。特に希少生物の多い北部域における環境負荷の軽減を考える機会となりました。茨木市環境政策課・守口勝さんは、特定外来生物である昆虫による被害、環境破壊、自然林等への影響など、身近な危険性から茨木市全域の課題点を、わかりやすくレクチャー。大阪府中部 農と緑の総合事務所・馬場玲子さんは、安威川ダム周辺にも侵入しているナルトサワギクを主題に、特定外来植物の脅威 と防除に関する解説を行いました。一般の人たちには、馴染みの少ない特定外来生物をテーマとした講座でしたが、たくさんの参加者が集まり、熱心に聴講している姿から、一般の方々の環境保全に対する意識の高さを実感することができました。このような取り組みを一過性に終わらせず、安威川周辺の自然環境を守り継いでいくための、さまざまなアクションを継続的に行っていきたいと考えています。


2019年06月24日

岐阜県大野郡白川村「御母衣ダム」と、福井県大野市「九頭竜ダム」の視察をしてきました。



6月24日(月)ファンづくり会では、安威川ダム建設事務所の職員たちとともに、他地域のロックフィルダムの視察を行いました。岐阜県大野郡白川村、一級河川・庄川本流最上流部に建設された「御母衣ダム」は、電源開発(J-POWER)が管理する発電専用ダムで、高さ131メートルと日本屈指の規模のロックフィルダム。只見川の奥只見ダム、田子倉ダムと共に「OTM」の頭文字で呼ばれています。「九頭竜ダム」は、福井県大野市、一級河川・九頭竜川水系九頭竜川に建設されたダム。高さ128メートルのロックフィルダムで、洪水調節・発電を目的とする、国土交通省・電源開発(Jパワー)共同管理の多目的ダムです。両ダム建設に至る経緯、地域環境保全・維持管理のあり方、地元住民の想いに触れ、安威川ダム周辺整備事業に対する取り組みの重要性と幾多の課題点を再認識しました。この貴重な経験を、安威川ダム完成に向けてのグランドデザインに活かしていきたいと思います。

[ 御母衣ダム ]



[ 九頭竜ダム ]


2019年06月03日

岐阜県揖斐郡揖斐川町「徳山ダム」を視察してきました。



5月22日(水)ファンづくり会では、安威川ダム建設事務所の職員たちとともに、岐阜県揖斐郡揖斐川町、木曽川水系揖斐川最上流部 に建設された「徳山ダム」を視察してきました。「徳山ダム」は、日本最大級の貯水量を誇るロックフィルダム。美しい山々に包まれた壮大なスケールの湖を目前に、思わず息を呑む視察クルーたちでした!!ダムを案内をしてくださったのは、独立行政法人 水源地機構 徳山ダム管理所 管理課 副参事 中嶋聡さん。各施設を見学をはじめ、ダムの機能と役割、建設の経緯、環境保全への取組みや湖畔の利活用など、さまざまな観点からのお話をお聞きすることができました。今回の貴重な経験を周辺整備事業の推進へと活かし、安威川ダム完成に向けてのグランドデザインを描いていきたいと思います。


2016年01月20日

「安威川ダムファンづくり会」の27度 第3回目となる全体会議が行われました。

12540691_1307112172647907_5123433115098781202_n

本日「安威川ダムファンづくり会」の27度 度第3回目となる全体会議が行われました。環境部会、アート・文化・教育部会、プロモーション部会の参加者に加え、オブザーバーとして安威川ダム周辺プランワークショップに参加された地元住民の方々や安威川ダムに関心のある団体なども加わり、昨年開催された安威川フェスティバル2015のふり返りと今後のダム周辺の日常の利活用について議論を行いました。

フェスティバルのふり返りでは、各部会から、それぞれのプログラムの成果と課題の報告、日常の利活用では、環境、アート、文化、教育の観点から安威川ダム周辺の特性を活かした様々なアイデアが提案され、来年度に向けた取組みの意見交換が行われました。

12495037_1307112325981225_1063296353298446612_n

12512822_1307112322647892_646736080308453722_n

12400793_1307112259314565_7535873476007292279_n

 


2014年03月12日

2013年度 第1回ファンづくリ会

funzukuri-01-01

平成26年3月12日(金)に安威川ダム建設事務所にて「第1回ファンづくり会」が開催されました。前回参加の12名の協議者に加え、新しいメンバーの顔ぶれもありました。また、今回のファンづくり会に関心、興味のある方々が見学されている姿も見られました。

第一部では、安威川ダム建設事業の変遷と歴史についての説明がありました。安威川ダムは、昭和42年の北摂豪雨災害を契機に構想が立案され、それから48年、ほぼ半世紀に渡る事業であること。また、ダム建設区域の地域のみなさんとの合意を得ていくための経緯があったことや、治水・利水のために多目的ダムとして着手されたが、水需要の低下から治水のみの単独目的となり、規模縮小のかたちで、ダム本体工事が平成26年より開始されたことなどお話がありました。

安威川ダムについて >>

次に、ファンづくり会のアドバイザーとして大阪府立大学大学院生命環境科学研究科の増田昇教授から、安威川ダム周辺地域の保全についてのお話がありました。地域の未来を見据えていく上で、過去の経緯と歴史を「しっかりと知る」というところから、はじめなければならないということを語られました。ダム建設予定地周辺、さらに上流部に広がる、この恵まれた自然が「地域資産」であるということを忘れてはいけないということ、ダム建設によって失われる自然を全力で回復していくという命題を何よりも優先させるべきであるとおっしゃっていました。ダムを上手に活用することも大切だが、流域の自然を積極的に保全するという姿勢こそが重要であり、そして50年後には、今以上の自然を創出させ、次世代の人々に譲り渡すといった明確な目標設定を掲げる必要があること、そしてプラットフォームは「想いをつなぐ拠点」であり、継続的な活動のためには、順応的なマネジメントが大切であるということも語られました。

安威川ダムファンづくり会について >>

funzukuri01-02

第二部では、協議者の皆さんから、「ダムの保全と活用」に関して専門的知見からみた先進事例を紹介していただきました。教育関係者、NPO団体、デザイナーやアーティストなど、様々な立場の方々から、安威川ダム周辺地域の魅力や課題、観光や景観づくり、効果的な情報発信のあり方など、多様な視点での事例紹介をしていただきました。
後半の意見交換では、ダムの活用と保全に関して、関係者全員で目的・課題・目標を共有する必要性について議論しました。ファンをつくっていくということはどういうことか、新しいプロジェクトとファンをどうつくっていくのか、また自立した資本をつくっていかなくてはいけないなどの課題が明確化していく会となりました。


2014年01月30日

安威川ダム現地見学会

20140130fan00-1

平成26年1月30日(木)に、安威川ダムファンづくり会の「安威川ダム現地見学会」が開催されました。茨木市内外の各専門分野の方々12名が参加されました。

「安威川ダムファンづくり会」は、ダムやその周辺環境の保全・活用などについて、魅力を感じて集まってこられる方々が「ファン」となって、ダム完成後に、よりよい環境を創出していくことや、地域の魅力づくりに参加していただくことを目的としています。今回の「安威川ダム現地見学会」は、ファンづくり会関係者の交流と現時点でのダムに対する印象や想いなどを話し合っていただくことを目的に行われました。
第一部は安威川ダム建設事務所で行われ、自己紹介からはじまり、事務局から安威川周辺の環境についての説明がなされた後、安威川ダムの「保全と活用にむけたプラットフォームづくり」に関する説明がはじまりました。

安威川ダムについて >>
安威川ダムファンづくり会について >>

安威川ダムの「保全と活用」に向けたプラットフォームづくりについてのお話の中では、「ダム周辺と市街地との連携」「継続的な運営のしくみづくり」「活用と保全の担い手づくり」といった3つの方向性が示されました。その後、ダム周辺環境の活用について、里山と都市という2つの立場と文化教育の視点からのアイデアが示されました。専門的知見からみた先進事例の収集もしていきたいといった提案もありました。

20140130fan00-2

20140130fan00-3

会の後半では、協議者間でのご自身の活動紹介とダムの活用に関しての意見交換が行われました。意見の中では、市街地とダムがつながっていく考えには賛成であることや、環境ボランティアという立場で貢献していきたい、などといった声もありました。また都市と山間部を結びつけるハブ機能の重要性や、アートによる気付きを活用していきたいという意見など、協議者の皆さんからそれぞれの専門分野のノウハウを活用して、地域に貢献していきたいという想いが伝わってきました。

第二部では、実際の現場を知ってもらうために安威川ダム現地見学が行われました。見学ルートは、ふれあい広場予定地、ダム本体予定地からダム湖展望広場予定地、車作代替農地、権内水路、権内せせらぎ広場、見山の郷、茨木市里山センターなどの施設の紹介や、各施設の役割について説明がありました。協議者の皆さんから積極的な質問等もあり、今後のダムの可能性について思いを巡らせる機会となりました。

20140130fan00-4車作集落周辺からダム湖となる方角の風景

20140130fan00-5見山の郷外観

20140130fan00-6見山の郷内観

20140130fan00-7里山センター外観

次回は、第1回ファンづくり会が予定されています。協議者の皆さんから今後のダムの活用と保全に向けて、さまざまな事例を紹介していただきます。

 


 

ファンづくりの会 プロセス INDEX

安威川ダム現地見学会 >>

2014年度 第1回ファンづくり会 >>